季節を楽しむ

 

干菓子は静かな時をすてきに過ごすことのできる和菓子のひとつです。日本には春夏秋冬、その時ならではの事柄や自然の趣などたくさんの楽しみがあります。干菓子enaでは季節、故事などをかたどり、またそれらを内に秘めたさまざまな干菓子を創りたいと思い、創作しながらお客様のご要望の干菓子をつくって参ります。ときにあわせて調整をいたしておりますのでお作りできないものもございますが、ご覧いただき、季節をお楽しみいただきたいと思います。  
【睦月】(一月)

 戊戌  舞雪  初春
【戊戌】ふやきせんべい  【松葉】すはま 【松笠】落雁  【雪】寒氷 【紅梅】こはく  【雪間の草】押物
【若松】ふやきせんべい  【捻梅】和三盆糖 【丁酉】みそあわせせんべい  【松葉】州浜  【春野】押物  【千代結び】有平糖

【如月】(二月)

【オニせんべい】種せんべい【お多福】落雁 【福豆】ボウロ   【柊】州浜 【うぐいす】こはく【雪中梅】押物
【紅白梅】こはく  【雪間の草】押物 【梅】薄種せんべい 【雪間の草】押物

【弥生】(三月)

【立ひな】種あわせせんべい【貝尽し】落雁 【柳】州浜  【桃】打物 【胡蝶】州浜 【菜の花】落雁
【すきとおる風】こはく 【春の陽】押物

【卯月】(四月)

 

春うらら
    「春のうららの隅田川」と歌にあるように、春の麗かな日、桜が開き蝶が舞う景色は、ほのぼのとして、寒さにちぢんでいた心を解き放ち「春が来た‼」と大きな声で叫びたい気持ちになります。春はすべての始まりです。
 【桜】打物  【蝶】すはま
花筏 
   

谷川をいかだのように流れる桜の花びら、形をかえ大きくなったり離れたり、見ていてあきることがありません。春の淡い色合あいの山にふんわりと見える桜色。花筏の花びらは山桜でしょうか。

【花筏】 押物 【山桜】寒氷
花衣
花衣はかさねの色目からすると、桜かさね(表白 裏紅赤)ですが、一般には、お花見に着ていく晴着を花衣とよびます。

昔も今も連れ立ってお花見に出かけるのは楽しみの一つです。今でしたらお花見の約束はメールでしょうか、おめかしをして花に合いに行きましょう。

【花びら】淡雪 【桜花】こはく
【桜花】打物【流れ】こはく 【おぼろ月】せんべい【桜花】こはく 【里桜】 押物 【蝶々】 すはま
【桜花】打物 【流水】こはく 【花から花へ】松露 【菜畑の花】らくがん 【舞 蝶】打物 【わらび】州浜

【皐月】  (五月)

 薫風
みどりをたたえる木々の香りを運ぶ風は、すがすがしく、夏のはじまりを感じさせてくれます。梢にからまる山の藤は紫の花をいっせいに咲かせ、甘い香りがその風に乗り届きます。五月はやわらかい風の季節です。
 【青楓】こはく 【藤池】押物
 唐衣
伊勢物語にある東下りの段、東に下る旅の途中三河の国の八橋をすぎる辺りで、男は都への思いを歌に読みます。

らころも つつなれにし ましあれば

るばるきぬる びをしぞおもふ

各句のはじめをつなぐと、かきつばた、となります。都への思いを馳せる美しい杜若の景色です。三河は現在知立市で、寿量寺の敷地内に回遊式庭園の「八橋かきつばた園」があります。

 【杜若】寒氷  【葉】すはま
 湧水
山の中を流れる水は透き通っていてとても美しい。木の葉や枝がつくり出す森林の土が浄水器の働きをしているからです。芽吹きのこの季節、近くの山へでかけてみませんか。きらめくみどりと足元を流れる美しい水に、はじける元気が湧いてくることと思います。
 【青楓】らくがん 【山の川】こはく
【ほととぎす】せんべい 【青楓】打物 【かきつばた】打物 【川】こはく 【おもだか】こはく 【わき水】打物
【かぶと】みそあんあわせせんべい 【菖蒲】打物 【青楓】こはく 【山の井】押物 【葵】ふやきせんべい 【そらまめ】州浜

 

【水無月】  (六月)

 清流
若葉が青葉にかわる頃、待ちに待った友釣りの解禁です。
流れの中をよく見ると小さな鮎の姿が見えます。川の瀬に多くの釣り人が重なり合うのを見ると、夏の到来を感じます。長良川の鵜飼いも始まりました。川は私たちの生活に潤いをもたらしています。
【鮎】こはく 【蛇かご】らくがん
ほたる
すっーと糸を引くように、一つ二つの光が夜を楽しませてくれます。、六月の湿度が高く蒸すような夜、いっせいに飛び交い光を放ちます。夜ふかし型もいますが、殆んどは十時前に眠りにつくのでしょうか、ひとときの宴です。恵那の地では、処々にほたるを見るようになりました。自然を楽しみたいという時代になってきています
【ほたる】こはく 【草むら】 押物
雨あがり
昨日から降りしきつていた雨、朝にはすっかり上がりぬけるような青空、きりりとした空気の中、庭におりてみると、生き生きとした木々、草花に時を忘れます。花にも葉にもたっぷりと雨を残した紫陽花は、まことに梅雨の花、雨が似合う花です。
【紫陽花】こはく 【葉】すはま
【晴れ間】押物 【アジサイ】こはく 【なでしこ】打物 【青楓】こはく 【青嵐】州浜 【氷室】寒氷
【オモダカ】こはく 【つばめ】麩焼せんべい 【青ひさご】州浜 【なでしこ】打物

【文月】  (七月)

星祭り(七夕)
夜空を楽しむということが少なくなってきた現代の私たちですが、七夕は夏の思い出深い行事だと思います。織姫にちなんで、星に糸巻を組みあわせてみました。今年こそ短冊にひそかに願い事を書いてみませんか
 【星】淡雪かさねこはく  【糸卷】和三盆打物
  森の池
薄暗く、少し気味のわるい道を進むと、木々の間に池が見え隠れしてきました。小さな池の面に水蓮の葉、朝は陽にむかっていっせいに花が開きます。緑の池に浮かぶ水蓮の花は一年に一度この森へ私達をいざないます。初夏の楽しみのひとつです。
 【水蓮】和三盆打物  【葉】こはく
涼風
葉を広げ、ところどころに実を下げる瓢の棚。近頃はゴーヤにとってかわられつつある夏の陽よけです。瓢のつるりとしたなりに涼しさを感じ、できたての緑色にあふれる若さを感じとります。きらめく初夏の庭です。
 【瓢(ひさご)】こはく  【青空】押物
【糸卷】打物 【天の川】こはく 【磯のカニ】せんべい 【貝】打物 【波の音】せんべい 【青楓】きざとう
【滝の音】生姜入り薄種せんべい 【楓】打物 【水蓮】打物 【葉】きざとう

 

【葉月】  (八月)

【唐なでしこ】 打物製 【打水】 押物製 【青ひさご】 こはく製 【山蕗】 砂糖漬 【尾花】 せんべい製 【桔梗】 こはく製
【秋津】らくがん 【枝豆】州浜 【花】和三盆 【葉】キザトウ 【初雁】麩焼せんべい 【桔梗】こはく

 

【長月】  (九月)

【望月】寒氷 【豆】すはま 【まさり草】打物 【菊の花】すはま 【初雁】せんべい 【むき栗】打物
【そら】せんべい 【遠山】黒砂糖、こはく 【菊の花】押物 【葉】州浜 【尾花】せんべい 【どんぐり】打物

 

 

【霜月】  (十一月)

【紅葉】らくがん  【鳴く鹿】 せんべい 【俵】らくがん 【稲田】和三盆入りこはく 【いちょう】 【松葉】 【紅葉】 州浜 【銀杏】打物

 

 

【師走】

 

聖夜 冬の朝 常盤の松
【もみの木、星、ベル、ステッキ、ゆき】こはく 【風花】薄種せんべい 【椿】打物 【松葉】すはま 【松笠】らくがん
【もみの木、星、ベル、ステッキ、ゆき】こはく 【無事】らくがん 【雪輪】こはく 【鐘の音】せんべい 【むき栗】打物