故事を楽しむ

心を語る歌物語  伊勢物語

 

伊勢物語をモチーフとした創作和菓子に

伊勢物語は今から1100年ほど前の西暦900年頃に成立した歌物語です。

平安時代には『在五の物語』といわれた在原業平の物語といわれています。

古の歌を楽しみながら物語を菓子にうつしてみました。

歌に出会い、それぞれの思いと菓子とを見比べながら、歌をそして日本という国に

遊んでほしいと思います。

 

第1回 しのぶのみだれ

第2回 西の対

第3回 白玉か (第六段 芥川)

第4回 かへる浪かな (第七段)

昔 ある男が、京都に住むのが何cap 2014-11-17 10.59.19となくつまらなくなって、

東国に行きました。

伊勢と尾張の国の境の海岸を通って行くとき 波がたいそう白く立つのを見て

 いとどしく 過ぎゆくかたの恋しきに 

  うらやましくも かへる浪かな

 とよんだのでした。

(日がたつにつれて ますます遠く過ぎ 離れてゆく京の方が恋しい折に

 ながめやる浜辺に 白波がよせては 返している

 行って帰ることのない自分には まことにうらやましく思われる

 寄せては また もとの沖の方へ かえっていく波よ )

 

干菓子 かへる浪かな

帰る浪_R

 

「かへる浪かな」をテーマに創られた干菓子です。

 

*ご注文生産のお品です。ご要望の方はこちらからお問合せください。

TEL 0573-25-2541

メール info@higashiena.com

干菓子恵那のショッピングページ